教育資金

学資保険や子どもの保険はどこまで必要されているのか教えて下さい?

お子さんの将来の進学のために、赤ちゃんのうちから学資保険への加入を考えている親御さんも少なくないと思います。
一昔前は、学資保険は高校を卒業してからの社会人への準備資金にするのが一般的でした。
そのため、18歳で満期を迎えるケースがもっとも多く、今でも18歳満期を選ぶ家庭は多いようです。

しかしながら、最近ではお子さんの進学の方法も多様化し、高校を卒業してからすぐに働き始める方の割合はかなり減少しています。
大学、短期大学、専門学校、あるいは留学など、専門性の高い分野への進学も少なくありません。
また、大学を卒業してからさらにスクールに通ったり、大学院に進む場合も考えられます。

親御さんとしてはさらなる教育費がかかるということで、18歳といわずさらにその先の20歳、22歳満期を選択するケースも増えてきています。
基本的に、学資保険は高校から大学への進学を念頭に置いたものと考えれば良いでしょう。
各家庭でそれぞれ状況は異なるかもしれませんが、大学まで視野に入れた準備をしておけば間違いはありません。

幼稚園から4年制の大学まですべて公立で統一した場合でも、最低700万円はかかるといわれています。
私立になるとさらにその2倍から3倍、医学部なら3000万円はくだらないと言われています。
それらすべてをカバーできなくても、大学に入る事をあらかじめ計画のうちに入れておけば、もしもの出費があっても安心なのです。

中には、大学に入ったら奨学金を借りれば問題はないと考えている方もいるかもしれません。
しかしながら、借りたものは後々返さなければなりませんから、お子さんにとっては「借りない方が良かった」「大学進学を諦めれば良かった」と後悔させてしまうかもしれません。
後々トラブルにならないためにも、奨学金を計画のうちに入れる前に、まずは学資保険や貯蓄など、時間がかかってもコツコツと出来るところまではカバーするようにしたいものです。

このページの先頭へ