教育資金

学資保険の保険料は平均的な相場とはどのくらいですか?

お子さんのいるご家庭では、将来の教育資金である「学資保険」への加入を考えている方も少なくないと思います。
学資保険といってもいろいろな商品がありますが、まずは毎月いくら支払えば良いのか、一般的な相場はどれくらいなのかを知っておくと、良い目安になるでしょう。
学資保険の平均的な保険料の相場としては、毎月大体1万円~1万5千円くらいまでの範囲がもっとも多い金額になります。

もちろんそれ以上もあれば、それ以下に設定することもできます。
月に1万円~1万5千円くらいを積み立てていくと、0歳から18年間休まず積み立てていけば大体200万円~300万円程度になります。
学資保険とは別に貯蓄などをする家庭も多いですが、教育費の最低ラインとして200万円~300万円はせめて確保しておきたいところです。
ちなみに、大学進学から卒業までにかかる費用は、4年間すべてあわせると300万円では足りないかもしれません。
ということは、下宿日や生活費などは学資保険ではまかないきれないことになります。

ならばもっと保険料を増額したほうがいいのか…と考えてしまいますが、家計を圧迫する可能性もありますので、月々の支払金額は出来る限り慎重に決めていきたいものです。
お子さんが二人までなら月々1万円程度でも問題はないかもしれませんが、三人以上になると月々の保険料の支払いが3万円をゆうに超えてしまい、やり繰りがきつくなる場合があります。
親御さんの転職や退職などの環境の変化、万が一の事態なども想定しつつ、あまり「平均的な相場」にとらわれすぎないようにしたいものです。

教育資金というのは、ある程度お子さんが成長しなければわからない部分もあり、想定が難しいところです。
私立の医学部を目指すわけではなくても、私立の学校に進学する場合は教育費がいくらあっても足りません。
まずは家庭内で、あるいは親族ともよく話し合いのうえ、慎重に学資保険商品を選択する必要があります。

このページの先頭へ