教育資金

学資保険で一番利用されている物は?

学資保険のなかで一番利用されている商品といえば、今も昔もかんぽ生命の学資保険http://cialisonline.hqforums.com/kanpo.htmlがもっとも広く用いられている定番の保険商品です。
「かんぽ」といえば「学資保険」とすぐ連想できるほど、日本人の間では認知度の高い保険です。
かんぽの学資保険は「新学資保険」と呼ばれています。

保険期間が満期を迎える年齢と保障内容によって4つのタイプから選ぶことができ、シンプルなのに選択の幅が広いため、目的に合わせて自由に選ぶことができます。
また、契約者(お子さんの親御さんや扶養者)が亡くなってしまい、保険料を支払うことができなくなってしまった時も、その後の保険料がお子さんに請求されることは、一定の場合を除いてありません。
学資保険の落とし穴ともいえる「扶養者の死亡時の処置」も、新学資保険ではきちんと保障がされているので、安心して加入することができます。

また、災害や入院などの特約を3種類まで付加することができるので、他の保険商品にあわせて加入しなくて済むというメリットもあります。
対して、口コミなどで急速に認知度を広めたソニー生命の学資保険も非常に人気の高い商品です。
こちらは歴史こそ浅いものの、徹底して教育資金を貯蓄することができるので、返戻率が109%と非常に高く、「貯蓄重視」の学資保険として非常に人気があります。
返戻率が高いということはそれだけ教育資金に回すことができるので、成人式や大学院、卒業後の海外留学なども視野に入れられるようになります。

また、契約者にもしもの事があり、死亡もしくは高度障害になった場合は、以降の保険料の払い込みが免除となる保障もつけられています。
この場合でも学資金額は100%受け取ることができるので、非常に安心度の高い学資保険といえるでしょう。
特に人気の高い二社の保険商品を紹介いたしましたが、他にもさまざまなプランやメリットのある商品が存在します。
学資保険を選ぶポイントなどはこちらhttp://www.scasoccerschool.com/era.html
じっくりと比較検討して、一番納得の行く商品を見つけてみてはいかがでしょうか。
またすでに加入している方は一度見直しするのも大切なようです。
http://www.squarehood.jp/timing.htmlに見直した方が良い理由とタイミングについてかいてありますのでご覧ください。

このページの先頭へ