教育資金

児童手当と学資保険を使った教育資金調達はどのような仕組みですか?

お子さんの学費を捻出するのは意外に大変な作業。
一人っ子ならまだしも、二人、三人と続くような場合、全員平等に一定以上の教育資金を与えることはなかなか困難です。
不況と言われる昨今の社会情勢にあって、多くの家庭では教育費の捻出に苦慮されていると思います。

毎月の生活費も、削れる分は削って教育費に回せますが、限界までくればあとは一銭も出せないということになります。
なかには児童手当(子ども手当)を利用して学資保険の支払いに充てているご家庭もあるのではないでしょうか。
児童手当とは、いわゆる国からの教育費の補助金のこと。

手当の額は、0歳以上~中学卒業までの子どもの数に準じて決定されています。
0歳~3歳未満で15000円を最高額として、そこから年齢を経るにしたがって金額が少なくなっていきます。
また、世帯主の所得額に応じて受け取りができる場合とそうでない場合がありますので注意が必要です。

この児童手当を学資保険の支払いに充てるというのは効率的であり、合理的な方法であると考えられます。
中学生までなら10000円、第二子以降はさらに増額された金額が受け取れますから、月々の払込金額が1万円までならプラスマイナスゼロということになり、学資保険の支払いが滞ることもありません。
ただし、児童手当は突然の制度変更が有り得ます。

そのため、そっくりそのまま保険料に回している場合、児童手当金が減額された場合に支払いが難しくなることも十分有り得ます。
たとえば、月20000円の学資保険料の半分の10000円を児童手当から支払っていたとして、急に数千円になったとすれば、半分賄うことができなくなってしまいます。
その際は生活費をさらに削ったり、最悪の場合支払いが滞る可能性もあるということです。

そのため、児童手当の使い方も慎重に行わなければなりません。
学資保険はお子さんの将来を応援するための保険ですから、きちんと最後まで積み立てるように心がけたいものです。
加入するのに最適な時期はhttp://www.wellesleyweb.com/dining.htmにて解説されていますのでご覧ください。

このページの先頭へ