教育資金

学資保険の基礎に関する大事な知識

子どもの将来を応援するための「学資保険」。
学生時代、両親が密かに積み立ててくれていたという方もいると思います。
しかし、自分が親の番になってみると、世の中にはたくさんの保険商品が溢れていて、どれにしようかと迷ってしまうものです。

そこで今回は、学資保険の基礎的な部分について触れてみたいと思います。
学資保険は、お子さんの進路を後押しするうえで欠かすことのできない「教育費」を積み立てるための保険です。
生命保険などと違い、掛け捨てにならないのが大きな特徴。
毎月、あるいは毎年決まった金額を保険会社に支払うことで「積み立て」が行われ、「満期」を迎えると同時に一定金額をおろして使うことができます。

満期金の平均は200~300万円と言われていますが、100万円台もあれば、なかには1000万円という大金を手元に戻す方もいらっしゃいます。
どちらにしても、教育費はあり過ぎて困ることはありません。
幼稚園から大学まで公立学校で通したとしても、進学費用には700万円近くかかるといわれています。
つまり、平均値である200~300万円では到底足りないことになります。

その負担を少しでも軽くするものが、学資保険であるというわけです。
学資保険商品の中には、支払った金額よりも多く戻ってくる、「返戻率」の高い商品もあります。
今現在、学資保険の多くは100%をゆうに上回る高利率を売りにしているので、逆に考えれば返戻率が下げられてしまってからでは遅く、利率の高いうちに加入しておいた方がお得です。
http://www.md-mba.org/ranking.htmlに人気の高い学資保険が紹介されていますので参考にしてみてください。

数万円程度であっても、貰えるものは多く貰っておきたいものです。
また、学資保険は積み立てが面倒になったからといって、簡単に引きだすことはできません。
普通預金ではないので、契約者である親や祖父母などが「解約」の申請をしなければ、積み立てた分を手元に戻すことはできません。
こうした不便さが、教育費を貯めるための唯一にして確実な方法であると考えることもできます。

このページの先頭へ