教育資金

学資保険と自分でコツコツ貯蓄するのではどちらが利点がありますか?

学資保険とは、お子さんが0歳~6歳くらいまでの年齢から、18歳~22歳になるまでの間、契約者であるご両親や保護者がこつこつと積み立てを行い、満期を迎えた時点で保険金が教育資金となって手元に戻ってくる仕組みの保険商品です。
別に学資保険ではなく普通の定期預金(貯蓄)で良いのでは?と考える方もいるかもしれませんので、今回は学資保険に加入する目的とメリットを今一度考えてみましょう。
子供の教育費用というのは平均でだいたいこれくらいhttp://www.supermariopartysite.com/tam.htmlです。
学資保険の主な目的はやはり「教育費の積み立て」です。

満期になれば一定金額が手元に戻ってきますが、貯蓄と違って自由に引き出すことができないため、家族の誰かが勝手に使い込むことはできません。
契約者は自由に学資保険を解約できますが、解約すれば「元本割れ」を起こし、今まで積み立ててきた分が全部返ってくることはほとんどありません。
そのため、学資保険の無理な途中解約は「損」になります。
こうした理由からも、学資保険は簡単に止められないようになっています。

以上のような部分は、貯蓄にはないメリットといえます。
また、学資保険は契約者に万が一のアクシデントが起きた場合、それ以後の保険料の支払いが免除され、満期金などは予定通りお子さんに支払われます。
すべての学資保険商品にこの保障がついているわけではありませんが、最近の学資保険は必ずといっていいほど万が一の事態に配慮されているため、もしもの場合にも安心のプランであるといえます。
学資保険は返戻率が110%を上回るような高利率の保険です。

そのため、きちんと18年~22年まで支払いを続けさえすれば、高利率のまま教育資金が受け取れます。
対して貯蓄の場合は変動が激しく、生活費や光熱費などあらゆる目的に使われますので、数十年後もそのままの貯金額を維持できるとは限りません。
やはりお子さんの将来を第一に考えるならば、通常の貯蓄よりも学資保険を利用するようにして、貯蓄は別途行うようにした方が良いでしょう。

このページの先頭へ