教育資金

学資保険だけで教育資金は心配ない?

多くみかける質問の中に、「学資保険だけ積んでおけば教育資金は賄えるのか?」というものがあります。
まず結論からいくと、現在の日本の教育費は非常に高いため、学資保険だけで完全に賄うことはできません。
というのも、幼稚園(保育園)から大学まで日本の教育システムは何段階にも分かれており、さらに公立か国立か私立か、といった違いがあります。

全て公立の教育機関に統一した場合でも、標準的な金額で1000万円以上~2000万円以下の教育費が必要になります。
これが私立で統一した場合は2000万円以上かかるとみて間違いありません。
さらに、教育資金というのは学校に支払う費用だけではありません。
部活動や塾、習い事、趣味、さらにはお子さんが大学へ進学した際一人暮らしなどをするとなると、毎月の生活費や下宿費などもかかります。

お子さんがアルバイトをするとはいっても、大学に通う以上は勉強や技術を身に着ける方が重要ですから、ご両親が全面的にバックアップしてあげなければいけません。
そうなると、標準的な金額である1000万円程度では到底足りなくなってしまいます。
学資保険は、お子さんが0歳時点で加入した場合、高校生くらいで満期を迎えます。
なかには大学入学時に満期になるプランもありますし、企業によってタイミングはさまざまです。

まずはお子さんが大学に入るかどうか、さらにはどの程度まで進学を希望するか(大学院などの可能性があるか)も視野に入れつつ、慎重に学資保険を選ぶ必要があります。
多くのご家庭では祖父、祖母の力を借りたり、月々の貯蓄やボーナスから教育費を捻出するなどして工夫をしています。
お子さん専用の口座を作って、そこに教育費を貯蓄する方もいらっしゃいます。
ですが、貯蓄することで生活費が圧迫されてしまっては大変です。
学資保険を選ぶ際は慎重かつ計画的が基本ですが、家計を圧迫しすぎないよう、無理のないプランを選ぶこともまた大切です。
学資保険の種類とプランごとの特徴がこちらに載っています。
比較しやすいサイトになっていますので是非ご覧ください。

このページの先頭へ