教育資金

万が一子どもが亡くなった場合の学資保険はどのようになる仕組みになっていますか?

学資保険に入る時は、あらゆるリスクを考えて一番安心できる商品を選びたいものです。
そもそもなぜ必要なのかはhttp://www.celtravels.com/04.htmlにかいてありますので、
今回は省かせていただきます。

満期額がそれなりの額で、かつ返戻率が高く企業も倒産のリスクが少ない…
それだけで満足してしまいがちですが、もっとも基本的なポイントとして「死亡時の保障」があげられます。
お子さんの身に何が起こるかは、親にも分かりません。

事故や事件だけでなく、最近は災害も頻繁に起きていますから、通学や校内で何らかのアクシデントに巻き込まれる可能性もあります。
あまり考えたくはないですが、部活動や校外遠征などの最中なども用心しなければなりません。
そこで、学資保険を選ぶ際は通常の教育資金の貯蓄だけでなく「死亡保障」がつけられているプランを選ぶ方法があります。

死亡保障といっても二種類あり、契約者である親やそれ以外の家族が亡くなった場合子供にそれまで積み立てた分の保険金が渡るものと、子供自身が亡くなった時に保険金がおりるものの二種類があります。
どの保険にもついていて当たり前のように思えますが、死亡保障は通常の学資金積み立てとは別で、「特約」というかたちで加入するプランがほとんどです。
最初から死亡保障がついているタイプの商品は、返戻率が他社の学資保険よりも低く抑えられていたりしますので、お子さんが無事に18歳~22歳の満期を迎える頃、手元に戻る額が予想よりも少なくなっている可能性があります。

親としては、子供は何事もなく健康に成人して、満期額も100%以上が戻ってくることを期待しますが、学資保険のプランによっては死亡保障がついていないものもありますので、お子さんのためにも事故やケガなどに対応できる保障を用意してあげた方が良いでしょう。
学資保険とは別に、生命保険に入る方法もあります。
生保なら家族全員で加入することで割引になる「家族型」などの保険商品もあるため、そちらを検討しても良いでしょう。
もし、万が一の事が起こった場合、戻ってきたお金の一部できちんとしたお墓http://xn--hos.asia/02.htmlを建ててあげるのもいいかもしれません
もちろん、学資保険に特約としてプラスするだけでも十分保障になりますので、どちらが良いかじっくりと比較検討すると良いでしょう。
また、遺言書に関してはhttp://xn--zz2an1k.biz/2.htmlをご覧ください。

このページの先頭へ