教育資金

学資保険の満期はいつが一番いいとされていますか?

お子さんの教育資金貯蓄するための「学資保険」は、満期と呼ばれる一定の時期に保険金を一括で受け取ることができます。
満期は保険会社によってあらかじめ決められている場合が多いのですが、なかには複数の満期の中から選択できるようになっている商品もあります。
複数とは、基本的に18歳(17歳)、20歳、22歳の三期に分かれていて、どれもお子さんの進学に合わせた時期であるため、大学進学を念頭に置くのか、社会人としての準備資金にするかによっても満期時期が変わってきます。

18歳満期なら、高校を卒業してから大学、専門学校、留学など自由な目的に使うことができますし、20歳なら就職活動や一人暮らしに使ったり、学費に充てることができます。
22歳満期の場合は、4年制大学を卒業して社会に出るための準備に充てられるでしょう。
あるいは大学院への進学にも使えます。

いつに設定すれば良いのかわからない場合は、もっとも一般的な18歳(17歳)に設定しておくと良いでしょう。
また、お子さんの出生前から学資保険を支払う予定なら、まとまった金額が貯められるはずですので、「一時金」として満期以前にいくらかの額を受け取る方法も有効です。
保険商品によっては自由度の高いプランもたくさんありますから、まずはお子さんがどんな進路を描くか、ある程度予測をつけてから決める必要があります。

学資保険に加入する際、「満期日」にだけはまず気を付けておきましょう。
契約日とお子さんの誕生日によっては、高校卒業と同時にお金が戻ってくるのではなく、お子さんが進学してから少し後にお金がやっと引きだせるという状態になってしまいます。

特にお子さんが早生まれの場合は要注意。
満期を迎えて、必要になったタイミングでお金が受け取れないというのはなかなか辛いものがあります。
学資保険に加入する際はプラン内容にばかり気を取られがちですが、受け取りのタイミングについては意外な落とし穴ですから、前もってよく確認しておきましょう。

このページの先頭へ