教育資金

元本割れする学資保険はありますか?

学資保険は、子供が成人するまでの学費や教育費を保障してくれるとても大切なもの。
生命保険や医療保険に並んで、ほとんどの親御さんが一度は加入を検討する保険商品でもあります。
子どもの一生を応援する保険ですから、できるだけ損のないものを選びたいところ。

学資保険のなかには、満期に手元に返ってくる費用よりも実際に払う保険料の総額が高くついてしまう「元本割れ」を起こすものがあります。
なかには50万円以上元本割れを起こす商品もあるということで、安易な気持ちで選ぶことはおすすめできません。
学資保険商品の多くは、医療保障など万が一の事態に備える保障や特約がついているため、手元に戻ってくる額が少なくなるケースは多いです。

余計なものはいらない、教育費の積み立てだけを目的としたいという場合は特約を解約したり、返戻率の高い保険商品を選択するなどして対応するより他ありません。
「返戻率」とは、学資保険が満期を迎えたり解約をした際に、手元に戻ってくる保険金がこれまでに支払った保険料に対してどれだけあるかを示す割合のことをですが、利率についてはやはり保障機能がついていないものであればあるほど割合が高くなります。

子どものためを思って、事故保障や医療保障などがついている学資保険を選びたくなってしまいますが、それが果たして満足のいく結果になるかどうか、今一度じっくりと比較検討することが大切です。
高い返戻率を希望するなら、やはり余計な保障などはつけずに、シンプルな学資保険を選んだ方が満足いく結果になるでしょう。
返戻率の高い保険はhttp://www.rostudent.com/har.htmlでいくつか紹介されていますので参考にしてください。
事故保障などは他の保険商品を選ぶようにて、あくまで教育資金は教育資金として確保しておく方法も一つの手ではないでしょうか。

お子さんの成長と進学をバックアップするためにも、学資保険は慎重に選びたいところ。
さまざまな商品を比較検討しながら、元本割れを起こさない(起こしても返戻率の高いもの)を選ぶようにしたいものです。

このページの先頭へ