教育資金

妊娠中に学資保険に入ることの特典とはどのような物ですか?

学資保険は、早くても0歳からの加入が一般的。
しかし最近では、妊娠中から学資保険に加入しておくことで、少しでも長く教育資金を積み立てることができるプランが登場しています。
結婚http://xn--h1su5riuw9sq.org/6.htmlして子供が生まれる前と後でそんなに差異はなさそうですが、まず何より「余裕」が出来ることが大きなメリットといえるでしょう。

赤ちゃんが生まれた後というのは生活が大変不規則になり、子供中心の日々が続きます。
もちろん赤ちゃんは一人で学資保険を検討することはできませんから、親御さんや祖父母の仕事になるわけですが、保険のことまで想定していなかった!と後々後悔するケースも後を絶ちません。
そこで、前もって余裕のある時期から検討・加入することで、安心して教育費を準備することができるのです。

一例として、太陽生命の「わくわくポッケ」を紹介します。
わくわくポッケはお子さんの出生140日前から保険に加入することができ、入園や入学時に祝い金を受け取ることが可能で、なおかつ教育費が本格的にかかり始める15歳に払込満了を迎えることができるという、本格的な保険商品です。
もちろん、契約者が死亡したり、障害を負った際の保障などもつけられているので、一銭もお子さんの手に渡らないということはありません。

出産前に学資保険に加入しておくことには、別のメリットもあります。
たとえば、赤ちゃんが0歳になってから学資保険に加入すると、18歳で満期を迎えた場合誕生日と契約日の差異によって必要な時に保険金が手元に戻ってこない可能性があります。
大学の入学を迎えてしまって、数ヶ月経ってからようやく保険がおりたというケースはこれまでに数多くみられ、親御さんにとっては大学の学費を丸ごと工面しなくてはならず、予想外の事態ともなりかねません。
学資保険の準備時期は、早くても早すぎることはありません。
備えあれば憂いなしという言葉のとおり、早いうちからの準備が未来への安心へと繋がっていく保険商品なのです。

このページの先頭へ