教育資金

離婚した後の学資保険は誰が支払いの責任を負うの?

日本でも一般的にみられるようになった離婚ですが、離婚自体は夫婦同士の問題としても、子供がいる場合さらに問題となる事柄があります。
子供の進学のために積み立てる学資保険料について、どちらが持てば良いのか?という問題です。
親権がある方に支払い義務があるということはもちろんですが、仮に親権が母で、母は専業主婦である場合、学資保険料を毎月一定金額収めるのが困難になるケースhttp://xn--ruqz4zs43b2di.ws/nopay.htmlがあります。

継続して支払えなくなると途中解約というかたちになり、場合によっては元本割れを起こしたり少額しか手元に戻ってこないという状況も考えられます。
このような事態を避けるためには、あらかじめご夫婦の間で相談し合ったうえで、離婚後もどちらかが保険料を収めなくてはなりません。
また、全ての保険商品は契約者本人または契約者本人から委任を受けた者が行使するという決まりになっています。学資保険とて例外ではありません。

面倒だからといって別れた相手の名義のまま相手が保険料を支払っている場合はトラブルが起きやすく、規約上は契約者にすべての権限があるため、契約内容の変更手続きなども契約者でなければ出来ません。
よって、親権のないほうが保険の契約者である場合は名義変更手続きを必ず行うようにしましょう。
もしも学資保険を解約する場合は、返戻金は財産分与の対象となり、夫婦で平等に分けなければなりません。

しかし学資保険というのは本来、夫婦のものではなく子供のためにあるものです。
どちらかが勝手に使ったり、契約を一方的な都合で解除することは、お子さんにとってもよろしくないことです。
離婚自体は問題なく事を運べたとしても、子供の問題を話し合うのを忘れていて後々まで引きずった…というケースもいくつもみられますから、まずはお子さんの将来について夫婦で話し合ったうえで、どちらが親権を取り
育てていくか、そして学資保険についても、支払いを続けるか解約するかどうかを真剣に話し合うことをおすすめします。
学資保険を払って一生懸命育ててくれたお母さんに母の日のプレゼントhttp://xn--u9jv32ntyd.ws/store.htmlでしっかり親孝行したいですね。

このページの先頭へ