教育資金

学資保険と生命保険の違いはどのような物がありますか?

「学資保険」と「生命保険」の大きな違いは、子供の進学のための教育費を重点的に積み立てるものか、子供の命や健康を守るために万が一の費用を積み立てるかどうかというところにあります。
生命保険は誰もが加入しておきたい保険商品ですが、学資保険は一定金額を積み立てていくことによって、満期到達時に決まった額を手にする事ができ、お子さんの将来にかかるさまざまな教育費を捻出することができます。
契約時に満期を設定しておき、その年月までこつこつと支払いを続けることになります。

最近の学資保険では生命保険同様に保険料控除、死亡保険金やケガ、病気の際の給付金など、万が一のリスクを考えて「特約」をつけられるプランもあります。
また、生命保険とは異なるものですが、学資保険を支払うご両親(もしくは扶養者)が亡くなった場合や機能障害などで支払いが一切出来なくなってしまった際、お子さんが保険金を支払わなくて済むように保険料が免除され、今まで積み立てたぶんの保険がすべてお子さんの手元に残るシステムも、多くの学資保険商品で採用されています。
学資保険はお子さんの将来を考えて積み立てるものですから、教育資金として備えることはもちろんですが、子供や扶養者にトラブルが起きた場合でも一定金額が受け取れるよう、備えておくための保険でもあります。

ここが生命保険と混同しやすい部分ですが、それだけ学資保険にも幅が出てきたと考えることができます。
保険商品によっては、お子さんが一定年齢に達した際「祝い金」というかたちで満期分の金額の一部を給付金として受け取ることが出来るプランもあります。
たとえば、中学入学時や高校入学時に祝い金を受け取ることで、私立の学校への入学費用にしたり、塾に通うための費用、または部活動に打ちこむための費用にするという使い方ができます。
学資保険を選ぶ際は前もってお子さんの進学をいろいろと想定し、満期の際手元に戻ってくるお金が払い込んだ分よりも少なくなる「元本割れ」を起こさないような商品を選ぶと良いでしょう。

このページの先頭へ