教育資金

貯蓄型の学資保険ってどのような保険ですか?

お子さんの教育資金の準備をする時、学資保険を検討される方も少なくないと思います。
現在の学資保険には大きくわけて「貯蓄型」「保障型」の二種類があるといわれており、安全性を重視した保障型にかわって貯蓄型の学資保険が徐々に人気になってきているようです。
貯蓄を重視した学資保険とは、http://www.babyfinder.org/choti.htmlでも詳しく解説されていますが、
教育資金を積み立てることに徹底し、万が一の医療保障や死亡保障などを省いたものです。

返戻率が100%を超える商品も多く、教育費だけに焦点を当てて貯蓄するための保険商品です。
保障型というのは、契約者であるご両親(もしくはお子さんの扶養者)に万が一のトラブルがあった際、お子さんが保険金を受け取ることができるものや、お子さん自身の医療保障や事故、災害保障がついている学資保険のことですが、すでに生命保険に加入している場合学資保険で二重に補う必要はないため、貯蓄型の学資保険を選ぶのが正解です。
むしろ保障がついていることで余分な料金を支払うかたちにもなりますので、生命保険でカバーできる分まで支払わないように注意が必要です。

貯蓄型学資保険は返戻率が高いため、100%を超えるものならなんでも良いだろうと考えがちですが、「どれだけ手元に返ってくるか」はあらかじめチェック、計算まで済ませておきましょう。
どの保険商品にも言えることですが、長期的に一定料金を支払うわけですから、利回りの良い商品の方を選ばなければ損することになります。
貯蓄型の学資保険の中には、元本割れするものも存在します。

「100%を切る」と言い換えると分かりやすいのではないでしょうか。
お子さんがこれから進学、となった時に、支払ってきた金額よりも受け取る金額の方が不足しているとなると、今まで払ってきた分は何だったのだと納得できない結果にもなってしまいます。
必ず加入前に複数の保険商品を比較し、計算やシミュレーションを行って、心から納得できる学資保険を選びたいところです。

このページの先頭へ